08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

エントリーなし。トータルの含み損は 281,000円。 

【昨日のアメリカ市場】
ロシアの部隊がウクライナ東部に侵入したと伝わり、ロシアとの経済的なつながりが強いヨーロッパの株式相場が下落し、アメリカ市場でも投資か心理が悪化し、寄りつき直後には 100ドルを超えて下落した。
しかし、その後は 4月~6月期の実質国内総生産(GDP)改定値が速報値から上方修正され、週間の新規失業保険申請件数が減少し、景気回復期待の手がかりとして押し目買いが入った。
ダウ平均は 4日ぶりに反落し、42ドル、0.2%安の 17,079ドル。
ナスダック総合株価指数は続落となる 11ポイント、0.3%安の 4557ポイント。


【東京市場】
ウクライナ情勢の緊張が高まったことで欧米市場が下落した流れを受け、東京市場でもリスク回避のために売りが広がり、前場はダダ下がりで前場終了間際には 100円を超えて下落した。
しかし、午後にはいると為替市場で円高が一服したことを受け、先物主導で買い戻しが広がり、下げ幅を急速に縮めていった。
日経平均の終値は 35円、0.23%安の 15,424円。売買代金は 1兆8052億円。8月の月間では 196円安で月間での下落は 4ヶ月ぶり。売買代金は 15日連続で 2兆円割れ。
東証二部指数は 13日続伸で、5月22日~6月9日までの 13日続伸に並んだ。
新興市場では日経平均が軟調な展開となる中、新興市場に短期的な値幅取りの資金が流入し、好材料が出た銘柄を中心に買いが入った。しかし、ゲームの一角は上値が重かった。日経ジャスダック平均は 3日続伸の 19円、0.88%高の 2292円。売買代金は 804億円。
東証マザーズ指数は 1ポイント、0.14%高の 962ポイント。


【今日の戦績】

【保有銘柄】

              今日 トータル トータル額
3793 ドリコム       -0.69% -46.14% -160,808円
4657 環境管理センター   +0.00% -38.81% -116,648円
7844 マーベラス      +2.24%  -0.66%  -2,648円

トータルの含み損は 280,104円。前日比 +7,400円。+0.97%。
マーベラスが 2%を越えて上昇してもう少しでプラスになる見込み。
ドリコム、環境管理はほぼ変わらなかった。環境管理は 1週間後、ドリコムは 1ヶ月弱で 6ヶ月の信用の期限が来るので、そろそろ次の銘柄を仕入れるとしよう。3銘柄だけだと面白みにも欠けるしね。


【今日のエントリー銘柄】

エントリーなし。


【翌営業日のエントリー指示が出た銘柄】

下記銘柄は、翌営業日にエントリー対象としてリストアップされた銘柄の上位 10銘柄です。
ここにリストアップされる銘柄は、直近で大きく上昇している銘柄ですので、うまくその流れをつかめれば!ご参考までに!

 6143 ソディック
 4047 関東電化工業
 6375 日本コンベヤ
 3760 ケイブ
 1834 大和小田急建設
 9621 建設技術研究所
 7266 今仙電機製作所
 1866 北野建設
 4246 ダイキョーニシカワ
 6445 蛇の目ミシン工業
スポンサーサイト

テーマ: 投資日記

ジャンル: 株式・投資・マネー

[edit]

エントリーなし。日本メディカルネットコミュニケーションズを手仕舞いし 90,165円の利益を確保。トータルの含み損は 288,000円。 

【昨日のアメリカ市場】
注目される経済指標がなく、前日終値を挟んだ値動きとなった。
利益確定売りに押されてマイナスになる場面もあったものの、景気の先行きに対する楽観的な見方や株式市場への資金流入期待が相場を支え、四半期決算が好調だったティファニー、手芸家庭雑貨販売のマイケルズ、衣料のエクスプレスなどが上昇し、総じて堅調な値動きとなった。
ダウ工業30種平均は 15ドル、0.1%高の 17,122ドル。
ナスダック総合株価指数は 5営業日ぶりに反落となる 1ポイント、0.0%安の 4569ポイント。
S&P500種株価指数は 0.1ポイント、0.0%ながら上昇し 2000ポイントと連日で過去最高値を更新した。


【東京市場】
前日の欧米株の上昇が一服したことで東京市場も利益確定に押されて下落し、地政学リスクも意識され買い支える動きも乏しかった。
また、明日発表される 7月の全国消費者物価指数、完全失業率、鉱工業生産指数速報など主要な経済指標の発表を前に、積極的な売買を手控える雰囲気もあり、売買が乏しい中で下落した。
ただ、下値を積極的に売り込む雰囲気にはならなかった。
日経平均は 74円、0.48%安の 15,459円。売買代金は 1兆6316億円。
新興市場ではバイオ系の銘柄が売られたものの、IT関連銘柄や電子機器関連銘柄が買われ、日経ジャスダック平均は続伸し 3円、0.14%高い 2272円となり連日で年初来最高値を更新した。売買代金は 869億円。
東証マザーズ指数は 23ポイント、2.41%安の 961ポイント。


【今日の戦績】

【今日の手仕舞い】

3645 日本メディカルネットコミュニケーションズ
【売り値】595円(07/28)
【現在値】710円(08/28)
【売買数】800株。476,000円。
【損 益】1株単位:+115円。+19.33%。損益額:+90,165円。

購入からちょうど 1ヶ月で手仕舞いとなった。寄り直後に 10%を越えて上昇したことがきっかけだがうまくそのタイミングで手仕舞い出来た。90,165円の利益を確保した。その後はダダ下がりで終値は 4%ほどの下落。1日の値動きは 20%近くになったことになる。ホントにいいタイミングで手仕舞い出来たと思う。


【保有銘柄】

              今日 トータル トータル額
3793 ドリコム       -2.91% -45.77% -159,508円
4657 環境管理センター   -1.47% -38.81% -116,648円
7844 マーベラス      -3.55%  -2.84%  -11,348円

トータルの含み損は 287,504円。前日比 -22,139円。-1.47%。
含み益が出ていた日本メディカルネットコミュニケーションズを手仕舞いしたため、見た目の含み損は増えているものの保有銘柄でのマイナス幅は 1.5%程度だった。


【今日のエントリー銘柄】

エントリーなし。


【翌営業日のエントリー指示が出た銘柄】

下記銘柄は、翌営業日にエントリー対象としてリストアップされた銘柄の上位 10銘柄です。
ここにリストアップされる銘柄は、直近で大きく上昇している銘柄ですので、うまくその流れをつかめれば!ご参考までに!

 1847 イチケン
 5269 日本コンクリート工業
 3760 ケイブ
 1834 大和小田急建設
 7462 ダイヤ通商
 3854 アイル
 6891 イーター電機工業
 4848 フルキャストホールディングス
 6632 JVCケンウッド
 3719 ジェクシード

テーマ: 投資日記

ジャンル: 株式・投資・マネー

[edit]

エントリーなし。トータルの含み損は 223,000円。 

【昨日のアメリカ市場】
午前中に発表された 8月の消費者信頼感指数は市場予想に反して改善し、6月のケースシラー住宅価格指数も上昇し、景気が順調に拡大しているとの見方につながった。
アマゾンが動画共有サイトを運営する企業を買収すると発表し、バーガーキングもカナダのドーナツチェーンを買収すると発表し、大型M&Aによって経済が活性化するとして運用リスクを取る動きを促した。
ダウは 11時過ぎに 70ドルほど上昇する画面があったものの、その後は 40ドルほど高い水準で寄りつき、大引けにかけてはやや下げ幅を縮小して引けた。終値は 29ドル、0.2%高の 17,106ドル。
ナスダック総合株価指数は 4日続伸の 13ポイント、0.3%高の 4570ポイント。14年5ヶ月ぶりの高値。
S&P500種株価指数は続伸し 2ポイント、0.1%高の 2000ポイント。終値で初めて 2000ポイントを超えた。


【東京市場】
アメリカ市場の経済指標が市場予想を上回り前日のアメリカ市場が上昇した流れを受けて、東京市場でも買いが先行した。値動きが軽い中古型株を中心に個人投資家が物色した。
しかし、買い一巡後は徐々に上げ幅を縮小し、主力株を中心に利益確定売りが拡大して、午後に入ると大きく下落し 13時を前に下げ幅は 55円に達した。
上海や香港などのアジア諸国株が総じて上昇したことや割安と見たかいも入り、14時を前に急速に下げ幅を縮小させ、14時過ぎにはプラスに転じた。
日経平均の終値は 13円、0.1%高の 15,534円。売買代金は 1兆6235億円。今日は 8月の権利落ち日であり配当落ち分 9円を吸収してプラスになったことは底堅い値動きといえるだろう。
東証二部指数は 11日続伸。
新興市場では東証一部の主力株の値動きがさえない中、値動きの軽い小型株や材料が出た銘柄を中心に買いが向かった。日経ジャスダック平均は 13円、0.60%高の 2268円。2日ぶりに年初来最高値を更新した。売買代金は 748億円。
東証マザーズ指数は 9ポイント、0.99%高の 985ポイント。


【今日の戦績】

【保有銘柄】

              今日 トータル トータル額
3645 JMNC         +2.36%  +8.95%  +42,699円
3793 ドリコム       -1.02% -44.17% -153,902円
4657 環境管理センター   -0.32% -37.89% -113,857円
7844 マーベラス      -0.96%  +0.64%  +2,574円

トータルの含み損は 222,486円。前日比 +5,500円。+0.42%。
JMNCは 2%ほど上昇したもののそれ以外が下落したため、大きな動きとはならなかった。


【今日のエントリー銘柄】

エントリーなし。


【翌営業日のエントリー指示が出た銘柄】

下記銘柄は、翌営業日にエントリー対象としてリストアップされた銘柄の上位 10銘柄です。
ここにリストアップされる銘柄は、直近で大きく上昇している銘柄ですので、うまくその流れをつかめれば!ご参考までに!

 8202 ラオックス
 9790 福井コンピュータホールディングス
 4848 フルキャストホールディングス
 3854 アイル
 5289 ゼニス羽田ホールディングス
 3624 アクセルマーク
 6632 JVCケンウッド
 4246 ダイキョーニシカワ
 1418 インターライフホールディングス
 2158 UBIC

テーマ: 投資日記

ジャンル: 株式・投資・マネー

[edit]

エントリーなし。トータルの含み損は 228,000円。 

【昨日のアメリカ市場】
新規の買い材料は見あたらなかったが、景気回復が続くとの見方が強く、株価上昇を支えた。
7月の新築住宅販売件数は市場予想に届かなかった。
しかし、前週末のシンポジウムでイエレン連邦公開市場委員会(FRB)議長が講演し、金融政策に対し江南両方の姿勢を示したことで、緩和的な金融政策が続くとの期待から相場を支えた。また、ヨーロッパ中央銀行(ECB)のドラギ総裁が同じシンポジウムで、景気低迷が続く場合は政策のスタンスをさらに調整する用意があると述べたことも意識された。
ダウは寄りつきこそ 40ドルほど高い水準だったもののすぐに上昇を開始し、70ドル~120ドルほど高い水準でもみ合った。終値は 75ドル、0.4%高の 17,076ドル。
ナスダック総合株価指数は 3日続伸となる 18ポイント、0.4%高の 4557ポイント。
S&P500種株価指数は 9ポイント、0.5%高の 1997ポイントで終えたものの、取引時間中に初めて 2000の大台を上回る場面もあった。


【東京市場】
前日のアメリカ市場は上昇したことで寄りつきこそ前日終値近辺で推移したものの、為替市場で 1ドル 103円代後半に上昇したことを嫌気され、すぐま下落を始め、10時過ぎには下落幅は 100円を超えた。
前場終わりにはやや持ち直す動きも見せたものの、中国株などのアジア株が軟調だったこともあり、午後に再び下落した。先物主導で断続的に売られたことで裁定解消の売りが現物に波及した格好だ。
ただ、5日移動平均で下げ止まったことで底堅さを指摘する声もあった。
日経平均の終値は 92円、0.59%高の 15,521円。売買代金は 1兆5319億円。
東証二部指数は 10日続伸となった。
新興市場では個別に材料が出た銘柄は物色されたものの、日経平均が大きく下落する地合の悪さの影響から手じまい売りが優勢となり、プラスを維持することが出来なかった。日経ジャスダック平均は 10日ぶりの反落となる 1円、0.05%安の 2255円。売買代金は 962億円。
東証マザーズ指数は 4日ぶりに反落となる 10ポイント、1.02%安の 975ポイント。


【今日の戦績】

【保有銘柄】

              今日 トータル トータル額
3645 JMNC         +2.42%  +6.44%  +30,736円
3793 ドリコム       -3.01% -43.60% -151,876円
4657 環境管理センター   +1.96% -37.69% -113,235円
7844 マーベラス      +2.58%  +1.63%  +6,505円

トータルの含み損は 227,870円。前日比 +19,700円。+1.54%。
ドリコムが昨日の上昇を帳消しにする 3%の下落。ただ、そのほかの銘柄が 2%程度上昇したことでトータルでも 1.5%の上昇となった。
環境管理センターはそろそろ信用取引期限の半年が来るので、もうちょっと下げ幅を縮小して欲しいのだが...


【今日のエントリー銘柄】

エントリーなし。


【翌営業日のエントリー指示が出た銘柄】

下記銘柄は、翌営業日にエントリー対象としてリストアップされた銘柄の上位 10銘柄です。
ここにリストアップされる銘柄は、直近で大きく上昇している銘柄ですので、うまくその流れをつかめれば!ご参考までに!

 8202 ラオックス
 6143 ソディック
 2454 オールアバウト
 1847 イチケン
 6469 放電精密加工研究所
 3294 イーグランド
 6632 JVCケンウッド
 4312 サイバネットシステム
 4246 ダイキョーニシカワ
 6297 鉱研工業

テーマ: 投資日記

ジャンル: 株式・投資・マネー

[edit]

エントリーなし。トータルの含み損は 248,000円。 

【先週末のアメリカ市場】
イエレン連邦準備理事会(FRB)議長が年次経済シンポジウムで講演し、雇用環境について回復は完全とは言えないとの見方を示したものの、アメリカ経済が金融危機から回復した点も指摘し、全般的にバランスの取れた内容だったとの受け止め方が広がった。しかし、金融政策の方向性について踏み込んだ発言もなく、相場を動かす材料としては力不足だった模様だ。
ウクライナではロシアの支援物資を乗せたトラックがウクライナ政府の許可を得ずに新融資、地政学リスクへの意識が高まり、手控えムードを強めた。
また、週末を前に利益確定売りに押される展開が続いた。
ダウは終日小安い水準で推移し、終値も 38ドル、0.2%安の 17,001ドルとなった。
ナスダック総合株価指数は続伸となる 6ポイント、0.1%高の 4538ポイント。


【東京市場】
先週末のイエレン FRB議長の講演では金融政策の方向性について踏み込んだ発言がなく、波乱材料なしと判断されて買い材料となった。
ただ、高値では利益確定売りが出て上値が思い展開となった。薄商いの中買い材料に乏しいため一段の高値を追う動きは限られた。
今日の売買の特徴としては中小株が好調だったことだ。東証二部指数が年初来最高値を更新した。また、売買代金も前週末から 85%も増加した。
日経平均は 74円、0.48%高の 15,613円。売買代金は 1兆4103億円。2兆円を 11日連続で下回っている。
新興市場では東証一部の主力株に膠着感が出る中で値動きの軽い半導体関連銘柄などに買いが入り、日経ジャスダック平均は 9日続伸となった。終値は 31円、1.43%高の 2256円。売買代金は 842億円。
東証マザーズ指数も続伸。31ポイント、3.28%高の 985ポイント。


【今日の戦績】

【保有銘柄】

              今日 トータル トータル額
3645 JMNC         +0.32%  +3.93%  +18,772円
3793 ドリコム       +5.41% -41.84% -145,750円
4657 環境管理センター   -0.81% -38.88% -116,812円
7844 マーベラス      +0.30%  -0.92%  -3,665円

トータルの含み損は 247,455円。前日比 +11,700円。+0.92%。
ドリコムが 5%を越えて上昇して、含み損が減ったものの、それ以外は大きな動きがなくおもしろみのなかったものだった。


【今日のエントリー銘柄】

エントリーなし。


【翌営業日のエントリー指示が出た銘柄】

下記銘柄は、翌営業日にエントリー対象としてリストアップされた銘柄の上位 10銘柄です。
ここにリストアップされる銘柄は、直近で大きく上昇している銘柄ですので、うまくその流れをつかめれば!ご参考までに!
 4316 ビーマップ
 7462 ダイヤ通商
 3071 ストリーム
 4246 ダイキョーニシカワ
 3723 日本ファルコム
 7946 光陽社
 3276 日本管理センター
 5269 日本コンクリート工業
 6778 アルチザネットワークス
 7829 サマンサタバサジャパンリミテッド

テーマ: 投資日記

ジャンル: 株式・投資・マネー

[edit]

エントリーなし。トータルの含み損は 259,000円。 

【昨日のアメリカ市場】
週間の新規失業保険申請件数が前週比で市場予想以上に減少。イギリスの調査会社マークイットが発表した 8月の製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は 20110年4月以来の高水準となり、景気回復が順調に進んでいるとの期待から買いが膨らんだ。
ダウは寄りつきこそ20ドルほど高い水準だったものの 10時過ぎに大きく上昇し、100ドルほど高い水準まで上昇し、日中は 80ドル~100ドルほど高い水準でもみ合った。
大引けにかけては 22日に行われるイエレン連邦準備理事会(FRB)議長による講演の内容を見極めたいとして売買が手控えられたために、やや上げ幅を縮小した。
ダウの終値は 60ドル、0.4%高の 17,039ドル。4日続伸。
ナスダック総合株価指数は 5ポイント、0.1%高の 4532ポイント。14年5ヶ月ぶりの高値。


【東京市場】
欧米市場の株高の流れを受けて、東京市場も買い先行で始まった。
しかし、前日までに 9日続伸していたことや今晩にイエレン連邦準備理事会(FRB)議長の講演を控えており、投資家の様子見ムードが強まる中、持ち高調整のために、ファストリやファナックなどの値がさ株が売られたことで、相場全体を押し下げた。
日経平均は前場は何とかプラスを維持したものの、後場に入り下落に転じ、上げ下げを繰り返しながら下げ幅を拡大していった。終値は 47円、0.30%安の 15,539円。1日の値幅が 100円を超えるのは 7営業日ぶり。売買代金は 1兆6737億円。2兆円を下回るのは 10営業日連続。
新興市場では東証一部が膠着状態になる中、スマートフォン関連に買いが集まり、7月27日に付けた年初来最高値を上回る場面もあった。終値は 8日続伸となる 6円、0.29%高の 2224円。売買代金は 1090億円。
東証マザーズ指数は 6ポイント、0.7%高の 954ポイント。


【今日の戦績】

【保有銘柄】

              今日 トータル トータル額
3645 JMNC         +0.49%  +3.61%  +17,209円
3793 ドリコム       +0.58% -44.80% -156,015円
4657 環境管理センター   -0.96% -38.38% -115,289円
7844 マーベラス      +1.78%  -1.21%  -4,834円

トータルの含み損は 258,929円。前日比 +8,600円。+0.68%。
今日はプラスになったものの大きな動きなく、今日も面白味に欠ける日だった。


【今日のエントリー銘柄】

エントリーなし。


【翌営業日のエントリー指示が出た銘柄】

下記銘柄は、翌営業日にエントリー対象としてリストアップされた銘柄の上位 10銘柄です。
ここにリストアップされる銘柄は、直近で大きく上昇している銘柄ですので、うまくその流れをつかめれば!ご参考までに!
 3625 テックファーム
 6069 トレンダーズ
 6891 イーター電機工業
 4316 ビーマップ
 4848 フルキャストホールディングス
 6143 ソディック
 6445 蛇の目ミシン工業
 7256 河西工業
 6941 山一電機
 6440 JUKI

テーマ: 投資日記

ジャンル: 株式・投資・マネー

[edit]

エントリーなし。トータルの含み損は 267,000円。 

【昨日のアメリカ市場】
寄りつきはマイナスだったものの、景気は勢いを増しているとの期待から買い優勢となり、10時過ぎにはプラスに転じ上げ幅を徐々に拡大していった。
しかし、14時に発表された 7月29日~30日に開催された連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨で、委員らが政策金利の引き上げに向けた議論を活発に繰り広げたことを明らかになったことで、利上げが前倒しになるとの連想から大きく売られる場面もあった。
しかし、22日に控えるイエレン議長の抗議に関心が向き、すぐに勢いを取り戻した格好だ。
ダウの終値は 59ドル、0.4%高の 16,979ドル。
ナスダック総合株価指数は 6営業日ぶりの反落となる 1ポイント、0.0%安の 5426ポイント。


【東京市場】
ダウが上昇していたことや為替市場で引き続き円安ドル高傾向が続いていることを好感して、自動車関連株を中心とした輸出関連株を中心に物色され徐々に上げ幅を拡大していった。
しかし、8月のHSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が 3ヶ月ぶりの低水準となったことで先物主導で売られ上値が重たい展開となった。
また、アジア市場が軟調に推移したことで午後は上値が重たい展開となったものの引けにかけては少しずつ上昇していった。
日経平均の終値は 9日続伸となる 131円、0.85%高の 15,586円。15,500円回復は 3週間ぶり。9日続伸は昨年末以来 8ヶ月ぶり。売買代金は 1兆7851億円。
新興市場でも日経平均の上昇を受けて投資家心理が改善し値動きの軽い銘柄や個別に材料が出た銘柄を中心に買われた。しかし、IT関連株にはさえないものも目立った。日経ジャスダック平均は 7日続伸となる 14円、0.64%高の 2218円。7日続伸は 2ヶ月半ぶり。売買代金は 618億円。
東証マザーズ指数は 5ポイント、0.53%高の 947ポイント。


【今日の戦績】

【保有銘柄】

              今日 トータル トータル額
3645 JMNC         -1.13%  +3.31%  +14,845円
3793 ドリコム       +0.05% -45.12% -157,089円
4657 環境管理センター   +0.97% -37.78% -113,467円
7844 マーベラス      +0.70%  -2.93%  -11,703円

トータルの含み損は 267,414円。前日比 -1,000円。-0.08%。
今日は大きな動きなく、トータルでもほぼ動きなし。おもしろみがない日だった。


【今日のエントリー銘柄】

エントリーなし。


【翌営業日のエントリー指示が出た銘柄】

下記銘柄は、翌営業日にエントリー対象としてリストアップされた銘柄の上位 10銘柄です。
ここにリストアップされる銘柄は、直近で大きく上昇している銘柄ですので、うまくその流れをつかめれば!ご参考までに!

 2376 サイネックス
 9816 ストライダーズ
 6445 蛇の目ミシン工業
 3719 ジェクシード
 4587 ペプチドリーム
 6440 JUKI
 6077 N・フィールド
 7266 今仙電機製作所
 5815 沖電線
 6670 MCJ

テーマ: 投資日記

ジャンル: 株式・投資・マネー

[edit]

エントリーなし。トータルの含み損は 266,066円。 

【昨日のアメリカ市場】
7月の住宅着工件数が年率換算で前月比 15.7%増となり市場予想を多きく上回った。件数は 2013年11月以来の高水準となった。住宅関連の経済指標は低調な結果が続いていただけに株式市場に安心感が広がった。
ホームセンター大手のホームデポが発表した四半期決算がアナリスト予想を上回り、通気見通しも上方修正したことで買いが集まり、ダウ平均を押し上げた。
ダウ平均は、寄りつきは 40ドルほど高い水準だったものの徐々に下値を切り上げる形で上昇し、終値は続伸となる 80ドル、0.5%高の 16,919ドルとなった。
ナスダック総合株価指数は 5日続伸となる 19ポイント、0.4%高の 4527ポイント。


【東京市場】
アメリカ市場が上昇した流れを受け、東京市場も輸出関連株を中心に買いが先行し、上昇して取引が始まった。
しかし、買い一巡後は直近の値上がりを受けた高値警戒感から利益確定売りに押され徐々に上げ幅を縮小し、前場終了間際にマイナスに転じた。
後場にはいると為替市場で 4ヶ月半ぶりとなる 1ドル 103円台まで下落したことで輸出関連株が再び買われプラスに転じ、後場は何とかプラス圏を維持してそのまま引けた。
日経平均の終値は 8日続伸となる 4円、0.03%高の 15,454円。8日続伸は昨年末の 9日続伸以来。売買代金は 1兆5636億円。8日連続で 2兆円割れ。
新興市場でも日経平均が堅調な中投資家心理が改善し買いが優勢となった。今日の上昇で半月ぶりに心理的な節目の 2200を回復した。ただ、高値警戒感を警戒して上値は重くなってきている。日経ジャスダック平均の終値は 6日続伸の 4円、0.21%高の 2204円。売買代金は 670億円。
東証マザーズ指数は 5ポイント、0.57%安の 942ポイント。


【今日の戦績】

【保有銘柄】

              今日 トータル トータル額
3645 JMNC         +0.48%  +4.31%  +20,555円
3793 ドリコム       +0.58% -45.13% -157,110円
4657 環境管理センター   -1.59% -38.36% -115,199円
7844 マーベラス      -2.80%  -3.58%  -14,312円

トータルの含み損は 266,066円。前日比 -10,600円。-0.83%。
今日はマーベラスが機能上げたぶんとほぼ同じだけ下げたのが残念だが、それ以外は大きな動きはなかった。


【今日のエントリー銘柄】

エントリーなし。


【翌営業日のエントリー指示が出た銘柄】

下記銘柄は、翌営業日にエントリー対象としてリストアップされた銘柄の上位 10銘柄です。
ここにリストアップされる銘柄は、直近で大きく上昇している銘柄ですので、うまくその流れをつかめれば!ご参考までに!

 3625 テックファーム
 2376 サイネックス
 6891 イーター電機工業
 4312 サイバネットシステム
 4848 フルキャストホールディングス
 7162 アストマックス
 4587 ペプチドリーム
 3719 ジェクシード
 6624 田淵電機
 7946 光陽社

テーマ: 投資日記

ジャンル: 株式・投資・マネー

[edit]

エントリーなし。トータルの含み損は 255,349円。 

エントリーなし。トータルの含み損は 255,349円。
【昨日のアメリカ市場】
8月の住宅市場指数が市場予想以上に上昇するなど、アメリカ景気の改善を交換した買いが入った。ヨーロッパ市場の上昇も買い材料となった。
ウクライナ情勢など一段の悪化を伝える報道がなく、投資家が運用リスクを取りやすい地合となり、幅広い銘柄に買いが入った。特に、ハイテク、バイオ制約などに買いが目立った。
ダウは、寄りつきこそ 100ドルほどの上昇だったものの、12時には上げ幅を 150ドルを超え、その後はその水準でもみ合った。終値は 175ドル、1.1%高の 16,838ドル。
ナスダック総合株価指数は 4日続伸の 43ポイント、1.0%高の 4508ポイント。


【東京市場】
前日のアメリカ市場で、ダウ、ナスダックともに大きく上昇したことを交換して、東京市場でも大きく上昇して始まった。
ウクライナ情勢悪化を伝える報道が減り、地政学リスクへの懸念が後退したことで投資家が運用リスクを取るようになったことも買いが膨らんだ要因となった。
ただ、夏休みシーズンと言うこともあり市場参加者は依然として少なく、21日~23日で開かれる世界の中央銀行関係者を招いて開かれる年次経済シンポジウムを控えており、投資家は様子見姿勢を強めていると見られる。
日経平均の終値は 127円、0.83%高の 15,449円。1日の値動きは 46円と今年最小で 1年8ヶ月ぶりの小ささとなった。売買代金は 1兆5946億円と 2兆円を 7日連続で下回った。
新興市場ではアメリカ株高を受けて投資家心理が改善し、買いが優勢となった。カジノ関連銘柄としてテックファームが買われ、政策関連銘柄への物色は続いている模様だ。日経ジャスダック平均の終値は 5日続伸となる 10円、0.47%高の 2199円。売買代金は 726億円。
東証マザーズ指数は 7ポイント、0.77%高の 947ポイント。


【今日の戦績】

【保有銘柄】

              今日 トータル トータル額
3645 JMNC         +7.28%  +3.81%  +18,191円
3793 ドリコム       +4.63% -45.44% -158,183円
4657 環境管理センター   -0.95% -37.36% -112,176円
7844 マーベラス      +2.17%  -0.80%  -3,181円

トータルの含み損は 255,349円。前日比 +48,600円。+3.98%。
今日は JMNCが大きく上昇しプラスに転じた。もう一段の上げを期待したいところだが、もう一段の上げで売りを考えたいところだ。
マーベラスももう少しでプラスに転じるところまで上げてきた!ドリコムも上げたものの、トータルで見るとまだまだ全然ダメダメである。


【今日のエントリー銘柄】

エントリーなし。


【翌営業日のエントリー指示が出た銘柄】

下記銘柄は、翌営業日にエントリー対象としてリストアップされた銘柄の上位 10銘柄です。
ここにリストアップされる銘柄は、直近で大きく上昇している銘柄ですので、うまくその流れをつかめれば!ご参考までに!

 9816 ストライダーズ
 7162 アストマックス
 4316 ビーマップ
 6143 ソディック
 2303 ドーン
 4576 デ・ウエスタン・セラピテクス研究所
 5289 ゼニス羽田ホールディングス
 2477 比較.com
 3723 日本ファルコム
 4246 ダイキョーニシカワ

テーマ: 投資日記

ジャンル: 株式・投資・マネー

[edit]

エントリーなし。トータルの含み損は 303,832円。 

【昨日のアメリカ市場】
朝方は 7月の卸売物価指数(PPI)の上昇率が市場予想を下回り、物価上昇圧力はそれほど強くなっていないと受け止められ、ゼロ金利政策は長引くとの観測から買い先行で始まった。
しかし、ウクライナに侵攻してきたロシアの武装車両の一部をウクライナ軍が破壊したと報じられた。
ロシア側はウクライナへの侵入を否定したと伝わったが、両国間の緊張が高まるとの思惑から投資家がリスク回避姿勢を強め、11時を前にしてマイナスに転じ、12時頃には下げ幅を 130ドルまでに拡大する場面もあった。その後はじりじりと下げ幅を縮小する展開となり、ダウの終値は 3日ぶりの反落となる 50ドル、0.3%安の 16,662ドルとなった。
ナスダック総合株価指数は 3日続伸となる 11ポイント、0.3%高の 4464ポイント。


【東京市場】
先週末のダウが 3日ぶりに下落した。ウクライナや北大西洋条約機構(NATO)がロシア軍のウクライナ進入を主張したが、ロシアはそれを否定し、両国間の緊張が増すとの思惑から買い控えにつながった。
東京市場もその流れを受けて売買を見送る動きが強く、6日続伸したこともあって、手控えムードが強く終日低調な取引となった。
日経平均の終値は 4円、0.03%高の 15,322円。売買代金は 1兆3612億円。4ヶ月ぶりの低水準だった。
新興市場では出遅れ管の強い小型株に見直し買いが入り相場を押し上げた。ただ、個人投資家の関心が高い銘柄には様子見ムードが広がり、利益確定売りも見られた。日経ジャスダック平均は 4日続伸となる 3円、0.16%高の 2189円。売買代金は 610億円。
東証マザーズ指数は 6日ぶりに下落し、8ポイント、0.89%安の 940ポイント。


【今日の戦績】

【保有銘柄】

              今日 トータル トータル額
3645 JMNC         +0.17%  -3.22%  -15,372円
3793 ドリコム       -2.16% -47.85% -166,557円
4657 環境管理センター   -0.63% -36.75% -110,353円
7844 マーベラス      -1.90%  -2.89%  -11,550円

トータルの含み損は 303,832円。前日比 -11,900円。-0.97%。
今日は大きな動きがなかったものの、ドリコム、マーベラスと 2%程度下落したことで地味に痛かった。


【今日のエントリー銘柄】

エントリーなし。


【翌営業日のエントリー指示が出た銘柄】

下記銘柄は、翌営業日にエントリー対象としてリストアップされた銘柄の上位 10銘柄です。
ここにリストアップされる銘柄は、直近で大きく上昇している銘柄ですので、うまくその流れをつかめれば!ご参考までに!

 9816 ストライダーズ
 3723 日本ファルコム
 7591 エクセル
 3682 エンカレッジ・テクノロジ
 6420 福島工業
 9699 西尾レントオール
 7725 インターアクション
 3779 ジェイ・エスコム ホールディングス
 3156 UKCホールディングス
 7618 ピーシーデポコーポレーション

テーマ: 投資日記

ジャンル: 株式・投資・マネー

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。